Yutaka Fukuoka Official Site

Profile

portlait

 

 

 

 

 

福岡 ユタカ ( YEN Chang )
作曲家 . フリーボーカリゼーションアーティスト . プロデューサー

現在はテイチク専属ソロアーティストとして同社よりアルバムをリリースしている。
83年にデビューしたバンド「PINK」(ヴォーカル、リーダー担当)より現在までリリースしたメジャーメインアルバムは20タイトルを越える。

あらゆる音楽スタイルに興味を持ちカテゴライズ不能な独自の音楽を作り続けている。
10年前よりフリーヴォーカリゼーションスタイルのパフォーマンス「YEN Calling」を提唱。
感性の趣くまま「心」高揚を歌詞のない歌声で表現し続ける福岡ユタカのヴォーカルスタイルは他に類の無い独自の進化を遂げその一部はTVなどでも数多くオンエアーされていて彼の声は誰もが耳にしているはずである。
その他 映像、ダンス、神楽など古典伝統芸能、美術家等他ジャンルのアーティスト達との共演も多くまたワークショップなども行い活動は多岐に渡る。

作編曲家、音楽監督として
映画「どろろ」「赤い眩暈」など、
TV NHKスペシャル「美の反逆者達〜ポンピドゥーセンター」「巨大神殿は存在したか〜出雲大社」
TV朝日「ニュースステーション」ドラマ「YASHA」、TBS「Nスタ」NHK「天才テレビくん」、など
演劇 宮本亜門日本文学シリーズ「金閣寺:三島由紀夫」「耳なし芳一:小泉八雲」など
パフォーマンス 「The Continuum”Bekyond the Killing Fields」演出:Ong Keng Sen
その他数多いTVCMなど創作活動は多方面に及んでいる。

海外活動も数多く、NY、ベルリン、ウィーンなど欧米各都市でのアートフェスティバル参加などの他、第三国(マダガスカル、モロッコ、カンボジア…etc)などにも赴きサウンドフィールドワーク、現地のアーティストとのセッション、アルバム制作なども行っている。

また日本古来の文化、音楽に興味を持ち、自身故郷の伝統芸能「石見神楽」とのコラボーレーション、そして古代「銅鐸」を使用したライブ、ワークショップなどを行っている。

これらの活動はNHKドキュメンタリー「オタケビと神楽」「古の神を舞う」(共に1時間番組)にてオンエアーされた。

最近の活動

○ PINK BOX ALIBUM ワーナーミュージックより発売。(2013年5月)
80年代に活動したバンド「PINK」(ヴォーカル、リーダー担当)の集大成が7枚組CDのボリュームでボックスアルバムとして発売される。
○ 宮本亜門演出、日本文学シリーズ「金閣寺:三島由紀夫」音楽監督を担当。
2011年神奈川芸術センターこけら落とし公演として行われその後全国ツアー、そしてニューヨーク、リンカーンセンターにて公演も行なわれ好評を得る。
2013年、同じく宮本亜門日本文学シリーズとして「耳なし芳一:小泉八雲」の音楽監督も担当、神奈川芸術センターにて公演される。
○ NY~ブラジル3都市、アートフェスティバルツアー(リオ:パノラマフェスティバルなど)を行う。(2011年)
○ NHK 海外用TVドキュメンタリー「TWICE~二重被爆;山口彊氏」音楽を担当(2011年12月)
○「Nスタ」TBS系列ニュース番組(月~金)16:53~19:00、テーマ含む全音楽を担当(2010年4月~2012年3月)
○ 東京フィルハーモニー(指揮:円光寺 雅彦)と共演、独唱2曲、そして吉田美奈子と共にデュエットを行う。NHK TVによりオンエアーされる(2010年6月)
○ メルボルンアートフェスティバル「アジアンコンテンポラリー2010」参加。
○ リヨンアートフェスティバル「Biennale-De-Lyon 2008」参加。
○ ローマコンテンポラリーアートフェスティバル「Romaeuropa2007」参加。
○ 映画「どろろ;手塚治虫」サウンドトラック担当。DVD、CD共に発売:トイズファクトリーより(2007年)

詳しくはHistoryにて(年代順)

Copyright © Yen Calling on Web All Rights Reserved.