Yutaka Fukuoka Official Site

Topics

ARICA「しあわせな日々:サミュエル・ベケット」

 ○日時:2月
   14(金)19:30
   15(土)15:00 
   16(日)15:00 
 ○会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール

 あいちトリエンナーレ2013 参加作品。
 TPAM ショーケース(国際舞台芸術ミーティング in 横浜2014)での再演です、僕はVoice&Noiz そして少しだけ出演もします、ウッ恥ずかしw
  詳細は 
 http://www.aricatheatercompany.com/japanese/news/
 にて。
 ちなみにARICAのHPは
 http://www.aricatheatercompany.com/

です。
 

石見神楽、亀山社中東京公演

 ○日時:2月22(土)昼、夜 2回公演
 ○会場;東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/
  http://www.geigeki.jp/performance/20140222p/ 
今回はオリジナルの石見神楽のみです。いよいよ小川徹率いる亀山社中がやって来ます。

詳細は
 http://iwamikagura.com/project/
 にて。

宮本亜門演出「金閣寺(三島由紀夫)」 再々演

4月5日から東京・赤坂ACTシアターにて
主演、溝口を柳楽優弥さんが演じる。福岡は変わらず音楽を担当。
詳細は後日記載。

YEN Calling with 石見神楽~古代銅鐸と神話ヘ(出雲公演)TV(NHK松江)ドキュメンタリー、オンエアー 無事終了、ありがとうございました。

      • 「舞を伝える 舞と生きる ~福岡ユタカwithオタケビ神楽団ライブ~」NHK松江総合テレビ
        12月7日 午前10時05分〜11時30分 堂々85分番組!
        オンエアー終了、ありがとうございました。
      • 何とかBSで見られるようリクエストしませうw
      • メンバー

浜田市石見神楽社中、選抜
YEN Calling:福岡ユタカ(Voice&fx) 横川理彦(violin&PC) Whacho(Perc&fx) 矢壁アツノブ(Dr&fx)

 

今回は神々の国しまね特別公演として僕らYEN Calling のメンバーと数ある浜田、石見神楽社中の中からの選抜隊による石見神楽特別公演を行います。
神楽は日本神話(古事記、日本書紀)を題材にとっているものがとても多いです。
そして神話は古代より、、出雲より至宝の祭器、銅鐸も登場いたします!
伝統的な石見神楽、ミステリアスな古代弥生の祭器、銅鐸、そして今現在の僕らの音、、、さて何が出て来るか、、楽しみです。

登場する銅鐸は4つ、出雲は加茂岩倉遺跡出土の銅鐸を忠実に再現したレプリカでつい先日まで東京国立博物館「大出雲展」にて展示されておりました至宝です。出雲古代博物館さまのご好意により特別にお借りする事が出来ました。m(_ _)m
博物館のガラスケースの中で眠っていた銅鐸の音がついに響くゾ~!!

●PINK BOX 発売中! <完全生産限定>

21liuSNifQL._SL500_AA300_

http://www.amazon.co.jp/PINK-BOX-完全生産限定/dp/B00B9HEA7M

限定生産らしいです。よろしくです。

PINK ゴールデン☆ベスト ULTIMATE

51n-FNwNoBL._SL500_AA300_

http://www.amazon.co.jp/ゴールデン☆ベスト-ULTIMATE-PINK/dp/B005804MJW

もよろしく。

宮本亜門演出「耳なし芳一」(原作:小泉八雲)福岡は音楽を担当。、、無事終了!

宮本亜門;日本文学シリーズ「金閣寺」に続き2本目の参加という事になりました、来ていただいた皆さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

>>>TV ON AIR

TBS(BS)「おはよう健康体操」(毎日5:00~5:54土曜のみ5:30まで)音楽担当。チャイナテイストで健康に!

NHK松江(総合)「しまねっとNEWS610」(月〜金6:10〜7:00)テーマ(オープニング、エンディング)曲担当。

TVCM 「カロヤンガッシュ」 ケチャック、をモチーフに。

>>>カンボジアプロジェクト

THE CONTINUUM : BEYOND THE KILLING FIELDS 

僕にとっては凱旋公演となった昨年6月の静岡国際演劇祭も無事終了、来ていただいたみなさんありがとう! さて次回は、乞うご期待。

P&B_poster M_poster EM_poster

THE CONTINUUM:BEYOND THE KILLING FIELDS

出演:Imthay,Kzman,Bunton,Mann(Cambodia)Norlina(Singapore),Musical Director:ワシ、演出:OngKengSen 制作:theatreworks

シンガポールの演出家・オン・ケンセン(Ong Keng Sen)が演出するドキュメンタリー・パフォーマンス。福岡ユタカは音楽監督を担当。
カンボジアでの2ヶ月に及ぶ独自の聞き取り調査を元に制作されたパフォーマンス。
ポルポト政権下のカンボジアで起きた芸術家に対する迫害をテーマに据えている。
国民の3人に1人が殺されたと言われる当時、カンボジアの芸術家も多くが虐殺され、同国の芸能や音楽は根絶やしにされた。
パフォーマンスは、唯一生き残った老世代の宮廷舞踏家エム・ティエイさんを中心にカンボジア人アーティストによる衝撃の事実の告白、舞踊と歌、影絵、そして福岡氏のヴォイス・インプロヴィゼーションなどが重層的に展開される。

2001年春制作、アメリカ(イェール大学:Art & New Ideas)初演、その後シンガポール公演、ベルリン公演(2002年)、ウィーンロングラン公演(2003年5~6月)ロッテルダム公演(2003年9月)ロンドン(2005年2月)、ストックホルム、オスロ、イエーテボリ(2006年)、ローマ(2007年)、リヨンビエンナーレ(2008年9月)イスタンブール「I-DANSフェス」(2009年5月)メルボルン(2010年9月)ブラジル3都市:ベロホリゾンテ、サンパウロ、リオ(2011年)、静岡国際演劇祭(2012年)を経て現在に至る。

THE CONTINUUM の公演はついに12年目に突入です。主演のエムティエイ師匠はもう80歳になられました。僕もケンセンも出演者もスタッフも同様に歳を重ねております。皆は年に一度会う家族のようなものです、久しぶりに会うとなんだかホっとします。しかしな~、、ここまで続くとは思わなんだw。
思えば このパフォーマンスは2001年、ニューヘブン、イエール大での公演から始まりました。ニューヘブンはNYのすぐ北ということもあって、公演にはNYからも多くの観客、プレス関係の方が来ました。NYタイムスに載った評論が懐かしいです、賛否両論でした。

この後各都市のアートフェスティバル中心に計画は色々ありますが再びカンボジアへ帰るまでワールドツアーは続きます[THE CONTINUUM]。

>>web site で楽しもうYEN’s Music

 ECLIPSE LIVE FROM FUJIYAMA by SOLAR POWER

 各賞を受賞!アザッスm(_ _)m

今年の日食を富士山頂から太陽電池のみのパワーで中継、、という試みは生憎の曇り(吹雪)で不可能となりましたが、この賞で少しはスタッフの気持ちも、、晴れた、、かな。 ディレクターのO氏がまとめてくれた
「レポートバージョン」Reports: ECLIPSE LIVE FROM FUJIYAMA by SOLAR POWERです。
    Spikes Asia 2012
Panasonic ECLIPSE LIVE FROM FUJIYAMA
【Shortlist : DIGITAL – Corporate Information】
【Shortlist : DIGITAL – Viral Video】
【Bronze Spike : PR – Consumer Services】
【Bronze Spike : PROMO & ACTIVATION – Best Use of Digital Media in a Promotional Campaign】

 シャープAQUOS PHONE Zeta

 

『日産、東京モーターショー』2003

まだ引き続きみれます。オ〜10年前だ!
キーワードは『和!』。
このサイト内の[LINE UP]のページ、車種の名前のところを引っ掻いてみて下さい。あなたも演奏に参加できるゾっと。

>>Dizzy Day スペシャル

[ Beyond the killing Fields] in Vienna

2003年5月ウィーンにて行われたロングラン公演の顛末です、、暇だったゾー、名付けて「Beyond the killing time~(暇つぶしを越えて)」

TVドキュメンタリー「オタケビと神楽」・・・Yen Calling with [石見神楽]

2001年7月に行われた石見神楽との共演、そしてTVドキュメンタリーの模様。

「アート虎の穴」(笑)・・・シンガポールスペシャル

2001年12月に3週間に渡って行われたワークショップ[Flying Circus Project (FCP)]の様子。

怒濤のマダガスカルツアー

2000年3月、馬車馬的スケジュールの中決行した、YEN CALLING in MADAGASCAR・・・大珍道中(まだ途中)

カナダ珍道中(1999年)

・・・オタワ・トロント・モントリオール。強制送還含む・・ワシじゃないぞ(笑)

YEN CALLING with 《銅鐸》

西新宿、隅田川縁で深夜慣行された「オタケビ」の模様。51498’

銅鐸について

加茂岩倉で出土した一号銅鐸のレプリカについて

YEN CALLING at 日原鍾乳洞

奥多摩日原で観光客の間をついて行われた「オタケビ」の模様。71398’

YEN CHANG & SAJU in BEIJING 

北京首都体育館での「中国レコード生誕90周年記念大コンサート」の模様 

 

 

  • facebook
  • twitter
Copyright © Yen Calling on Web All Rights Reserved.